Implant

インプラントとは

歯科治療における「インプラント」という言葉が広く知られるようになってきました。インプラントとは、歯を何らかの原因で失ってしまった時、その歯のない所に人工の歯を入れる1つの治療方法です。
歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法となります。チタンは約3ヶ月〜6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近いかみ心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。

インプラントのメリット

今までの歯がなくなった時の治療方法としては入れ歯やブリッジがあります。これらの治療方法は、かみ心地が悪かったり、ブリッジした歯に負担をかけてしまいますが、インプラントは天然の歯と同じかみ心地の上に隣の歯などへの負担がありません。
また、入れ歯は年々合わなくなり作り直す必要もありますが、インプラントでは作り直す必要がありません。

インプラントのデメリット

保険外治療のため、費用が高額になってしまいます。

※医療費控除が適用されます。
 医療費控除とは、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

Flow

STEP.01
カウンセリング

治療に関してのカウンセリングを行います。カウンセリングを元に治療計画を立て、患者様にしっかりとご説明します。

STEP.02
精密検査

当院にてCT撮影を行い手術予定部の骨量(幅、高さ)及び骨質(硬さ)を診査します。

STEP.03
一次手術

柱となるインプラントを骨の中に埋め込みます。
局所麻酔下にて行いますので、入院は必要ありません。

STEP.04
治癒期間

骨折した骨がくっつくように、インプラントと骨がくっつくのを3~6ヶ月待ちます。

STEP.05
二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける支柱を装着します。

STEP.06
仮歯の装着

仮歯にて噛み合わせ、歯肉との馴染みなどを確認します。

STEP.07
本歯の装着

本歯にて咬み合わせ、歯肉との馴染み、色味を最終確認する

STEP.08
定期検診、メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期的にメンテナンスを行っていきます。

Faq

インプラント治療には、どのくらいの期間がかかりますか?

完全に治療が完了するまでは、4ヶ月~1年くらいかかるとお考えください。

骨粗しょう症という診断を受けたのですが、インプラント治療は可能ですか?

現在技術が進んでおり、多くの場合解決できますが、正確には検査をしてからの判断となります。

インプラントを使用できる年数は、どのくらいでしょうか?

定期検診などでケアが出来ていれば数十年持つ事は証明されています。

インプラントの手術は痛くない?

麻酔をかけて行いますので術中は痛みはありません。
術後は痛みが出たとしても薬で落ち着く程度で、全く痛み止めを飲まない方もたくさんいらっしゃいます。
人によっては多少腫れますが1週間程度で落ち着きます。

インプラントを骨に入れることで、何か体に影響はありますか?

チタンの性質は腐食せず、体になじみ拒絶反応を起こしにくいものです。体に悪い影響はありません。